■当ブログ 週間人気記事一覧■
1 位パンタレイ証券レビュー!
2 位専業主婦の方必見!FXを始めるなら・・・
3 位円高チャンス到来!
人気BlogRanking ブログ村 blogwebランキング FC2ランキング
2007年02月15日

ドル円上昇トレンドの行方

 おはようございます。
昨日の為替相場は、22:30からの米1月小売売上高は±0.0%(予想:0.3%)と弱い数字となり、ドル売りが若干強い感じでしたが、市場の注目は24:00から始まったバーナンキFRB議長の議会証言に向いていましたね。

 それでは私のこれからの戦略ですが・・・

 そのバーナンキFRB議長の議会証言が始まる24:00の5分前頃から一斉にドルが売られました。

 今朝のアナリスト達のレポートを読みますと、バーナンキFRB議長の「インフレは低下しつつある」との発言が、強気なものではないとの見方でドルがいっせいに売られた!となっております。

 実際には、発表の前に売られ始めている訳ですから、この論評は的を得てないですね。

 昨日の相場を考えますと、市場のドル買いの流れが一旦転換してるのだと思います。

 と言っても中長期上昇トレンドの終わりではないと思ってますので、120〜122のレンジ相場に入ったとの判断です。

 これからの重要ポイントは ドル円 119.96を終値で下抜けるか?抜けた場合は・・・

*ドル円短期・・・122.20レベルでダブルトップとなる
          →118.00割れを目指す。


 ドル円中期・・・117.98レベルにストップロスを入れ
          →119前半・118前半で押し目買いする。


 こんな戦略を考えてます。

 追記・・・上記のようなトリガーポイントを意識して、戦略を立てておけば、昨日の相場でもEUR/USDがポイントを超えた1.3060で買えました。その事で、ドル円の損失を抑えながらスワップを頂く、そしてEUR/USDの利益も頂く”一粒で二度おいしい作戦”を決行できるのです。

 EUR/USDのマイナススワップが気になるでしょうが、USD/JPYのスワップの方が大きいので、神経質にならなくてもいいです!

 もちろん口座は分けて取引してますけどね!



タグ:ドル円
この記事へのコメント
コメントを書く
※情報商材系の売り込み目的のコメントはお控え下さい。

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33712042

この記事へのトラックバック


現役サラリーマンのFXで青色申告!