■当ブログ 週間人気記事一覧■
1 位パンタレイ証券レビュー!
2 位専業主婦の方必見!FXを始めるなら・・・
3 位円高チャンス到来!
人気BlogRanking ブログ村 blogwebランキング FC2ランキング
2007年03月03日

青色申告者のFX節税取引

 おはようございます。
昨日も引き続き円高祭りは迫力ありましたねー!私がロングしたポジション全て赤くなってます。本当に相場予想って難しいですね。

 しかし、昨日の記事に書いたとおり、スワップ取引用口座でのトレードでは、資金管理を十分に行ってますので全然大丈夫です。(そりゃー赤くならない方がいいですが・・・)


 次の購入はUSD/JPYで114円台中盤、EUR/JPYで152円前半、GBP/JPYで225円前半、AUD/JPYで88円中盤辺りで狙ってます。

 ブログ開始時にも何度か書きましたが、スワップ派のトレードの違いを復習したいと思います。

 普通短期やスイングトレードをする場合には、買った金額から1%〜1.5%程度下落した時は必ず損切りします。これ鉄則です!

 なぜかというと、保有し続けることで資金効率を悪化させて、トレードしたいポイントでトレード出来ない!という悪循環に陥ります。

 スワップトレード、特にココの読者さんの様に節税もしたい!と思われてる方の取引は違います。

 例:昨日、GBP/JPY 230.00で10,000通貨買い。
   年末時点でGBP/JPY 210.00になっていたとします。

   BID 210.00 ASK 210.05
  *この場合スプレッドは 5 です。

   (230.00-210.00)×10,000 = - 200,000円
   SWAP = 300円×306日 = + 91,800円
   小計 -108200円 ですね。

   そして、210.00で売ってスプレッド分下で(要するに210.00)で買い戻せた場合、損切りではないのです。

 ちょっとわかりにくいですね。スワップ派の損切りとは、210.00で売ったのに、213.00で買い戻した場合に損切りになるのです。

 スワップ派は、平均買い単価を下げる事がトレードの目的ですから、来年は210.00のポジションで、1年間約110,000円のスワップを頂けることになります。


 よっていつも書いてますが、資金管理が一番の仕事なのです。USD/JPYで言えば、昨年の安値が108円台ですから105円まで耐えられるようにしよう!と。

 今回書いたGBP/JPYですと、HV(ヒストリカルボラリティー)が7%程度ですので、今年の高値240円から計算して223円台だから220円までの資金を用意する、等ですね。

 あと、円売りだけだと予想を上回る下落に襲われる可能性もありますので、USD/JPY2枚買う予定ならUSD/CHFと1枚ずつにするとかの工夫をしておけば、更にいいですね!

 最後に平均単価下げたって、スワップが逆転したら意味ないじゃん!って疑問を持たれた方もいるでしょう。

 しかし、私達個人投資家の投資目的はスワップを得る事だけではありません。例えば日本の金利がイギリスやアメリカ以上になった時には、1,000兆とも言われる借金の利払いが、今のプチバブルによる税収増をはるかに凌駕しますので、さらに円は売られる事になり、”あー、外貨を買っておいてよかったなー!”となるはずです。

 これも予想でしかありませんが、ひとつ言えることは持っている資産が全て円建てである、ってことも相当なリスクであるのは間違いないですから・・・

   


この記事へのコメント
コメントを書く
※情報商材系の売り込み目的のコメントはお控え下さい。

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35109051

この記事へのトラックバック


現役サラリーマンのFXで青色申告!