■当ブログ 週間人気記事一覧■
1 位パンタレイ証券レビュー!
2 位専業主婦の方必見!FXを始めるなら・・・
3 位円高チャンス到来!
人気BlogRanking ブログ村 blogwebランキング FC2ランキング
2007年03月17日

こんな時こそUSD/HKDスワップ法!

 おはようございます。
朝アップしたつもりが、されてなかったようですね。気を取り直して再度アップ!

 昨日の為替相場はクロス円に関しては小動きでしたが、対スイスでは下落が進みました。私もドルスイスを保有してますので、その動向は注視してるのですが、ここで踏みとどまるのか?12月5日安値の1.1878レベルまで下落するのか、判断に迷ってます。

 ユーロドルは1.3250で買い追従して今のところ上手くいってますが、長期保有予定のドルスイスまたはポンドスイスが気になります。

 やっぱりレートの変動って気にしないように努力するんですが(スワップ派ですから)どうしても気になりますよね?

 こういう時こそUSD/HKDのようなドルペッグ通貨は本当に助かります。スワップが低下してガッカリされたと思いますが、他にもこのペアを保有する理由があります!

 それは・・・

 為替変動が少ないというメリットの他に、もう1点、1PIPの大きさがあります。

 例:ドル円 昨年の変動率約7.7%として
   117円×10,000通貨×7.7%×1円=90,090円損か得の可能性!

   USD/HKD 昨年の変動率約0.4%として
   7.81×10,000通貨×0.4%×15円(重要!)=4,686円損か得の可能性!

 上記例のように損か得か計算するのに、私達は日本人ですから円換算しますよね。その時に重要なのが円換算するのに、15円かけて計算する(単位が小さい)ので、損益も必然的に小さくなります。

 ちなみにユーロドルですと117円を、ドルスイスですと96円を、ユーロポンドですと227円をかけますので、1PIPSの重みが違いますね!

 USD/HKDを投資500,000円で、250,000通貨購入した時の考えられる損失は4,686×25=117,150円と計算されます。

 いかがですか?10,000通貨あたり21円のスワップですので、25万通貨を1年間保有で191,625円!変動を気にしないで得られる対価としてお得かどうかは皆さんの判断に任せます。

 USD/HKD取り扱い業者のうち、信託保全はここだけ!


 最近USD/HKDスワップ投資をE-BOOKとして販売している方もいるようですが、私のブログではもちろん無料です!(笑)




この記事へのコメント
コメントを書く
※情報商材系の売り込み目的のコメントはお控え下さい。

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


現役サラリーマンのFXで青色申告!